弘前

A-line終了の翌日、弘前市に立ち寄ってきました。

A-lineでお知り合いの作家さんから
弘前はアップルパイが名物だよ。と教えてもらいました。なんでもお菓子屋さんやカフェなどでそれぞれそのお店独自のアップルパイを作っていて、町中でいろんなアップルパイが楽しめるということでした。さっすがリンゴといえば青森県ですね。

調べていると、明治時代に当地の名士だった人物が立てたという美しいステンドグラスの嵌った洋館で有名店のアップルパイが食べられるというお店があり、一も二もなくそこに決定!
おいしいアップルパイ美しいステンドグラス魅力的な建築を堪能しました。ただ、建物をあちこち眺めてテンション上がりアップルパイの写真を撮り忘れてしまった。(涙) 気になる方は、大正浪漫喫茶室で検索してみてください。ステンドグラスとレトロ建築とアップルパイがお好きな方にはお勧めですよ!(笑)

e0230760_17184818.jpg

よいお店に出会い気分の良くなった私はその後、弘前カトリック教会という教会にあるステンドグラスも見に行くことにしました。
e0230760_18321712.jpg
教会ってきれいなステンドグラスのあるところが結構あるけど中に入るのにちょっと勇気がいりますよね。(笑)
でもこの教会には入口に「welcomeどうぞお入りください」とあったので思い切って扉を開けて中に入りました。
ミサの最中だったら入れなかったけれど幸いお御堂の中には誰もいませんでした。

そんなに大きくないお御堂の中に大小合わせて11枚のステンドグラス!
圧倒されながらしばらく眺めていると奥から外国人の神父さんが出て来たので挨拶をして写真を撮らせてもらってもよいですかと聞いたら快く許可していただいたのであとはもう安心してステンドグラス見学と撮影を楽しみました。

ここのステンドグラスはその昔ここにいたカナダ人の神父さんが製作したのだそうです。
教会にある絵やステンドグラスは昔、字の読めない人たちのためにキリストの教えを絵で伝えるためにあると聞いたことがあります。たくさんの聖書のモチーフが描かれていますが、改めてこうやって見てみると聖書の神話って結構残酷だなぁ、と思いました。この残酷な物語の中に人間の普遍的なテーマを内包しているということなんでしょうね。

そんな中に1枚だけ岩木山の描かれた物があり、ちょっと心が和むと同時にヨーロッパからはるばる極東のはずれのこの地までキリストの教えが伝わってきたんだなぁと昔の宣教師たちのたゆまぬ努力にしみじみし思いを馳せたりもしました。

e0230760_17184850.jpg
クラフトフェアの帰り道、お知り合いの作家さんのアップルパイの情報からの流れで思わぬステンドグラスとの出会いがあってラッキーな旅になりました♪
感謝です!

e0230760_17184830.jpg


by gekkousou_stg | 2018-07-05 18:55 | 月光窓の日々 | Comments(0)


ステンドグラス月光窓の日々のこと。


by ステンドグラス月光窓

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
イベント
月光窓の仕事
月光窓の日々
月光窓のサイト
未分類

リンク

月光窓のサイト
http://gekkousou.wixsite.com/gekkousou

月光窓 お問い合わせ
gekkousou.stg@gmail.com

ガラス作家丹羽聡子さん
cubic_garden

外部リンク

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 01月
2017年 11月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。