弘前

A-line終了の翌日、弘前市に立ち寄ってきました。

A-lineでお知り合いの作家さんから
弘前はアップルパイが名物だよ。と教えてもらいました。なんでもお菓子屋さんやカフェなどでそれぞれそのお店独自のアップルパイを作っていて、町中でいろんなアップルパイが楽しめるということでした。さっすがリンゴといえば青森県ですね。

調べていると、明治時代に当地の名士だった人物が立てたという美しいステンドグラスの嵌った洋館で有名店のアップルパイが食べられるというお店があり、一も二もなくそこに決定!
おいしいアップルパイ美しいステンドグラス魅力的な建築を堪能しました。ただ、建物をあちこち眺めてテンション上がりアップルパイの写真を撮り忘れてしまった。(涙) 気になる方は、大正浪漫喫茶室で検索してみてください。ステンドグラスとレトロ建築とアップルパイがお好きな方にはお勧めですよ!(笑)

e0230760_17184818.jpg

よいお店に出会い気分の良くなった私はその後、弘前カトリック教会という教会にあるステンドグラスも見に行くことにしました。
e0230760_18321712.jpg
教会ってきれいなステンドグラスのあるところが結構あるけど中に入るのにちょっと勇気がいりますよね。(笑)
でもこの教会には入口に「welcomeどうぞお入りください」とあったので思い切って扉を開けて中に入りました。
ミサの最中だったら入れなかったけれど幸いお御堂の中には誰もいませんでした。

そんなに大きくないお御堂の中に大小合わせて11枚のステンドグラス!
圧倒されながらしばらく眺めていると奥から外国人の神父さんが出て来たので挨拶をして写真を撮らせてもらってもよいですかと聞いたら快く許可していただいたのであとはもう安心してステンドグラス見学と撮影を楽しみました。

ここのステンドグラスはその昔ここにいたカナダ人の神父さんが製作したのだそうです。
教会にある絵やステンドグラスは昔、字の読めない人たちのためにキリストの教えを絵で伝えるためにあると聞いたことがあります。たくさんの聖書のモチーフが描かれていますが、改めてこうやって見てみると聖書の神話って結構残酷だなぁ、と思いました。この残酷な物語の中に人間の普遍的なテーマを内包しているということなんでしょうね。

そんな中に1枚だけ岩木山の描かれた物があり、ちょっと心が和むと同時にヨーロッパからはるばる極東のはずれのこの地までキリストの教えが伝わってきたんだなぁと昔の宣教師たちのたゆまぬ努力にしみじみし思いを馳せたりもしました。

e0230760_17184850.jpg
クラフトフェアの帰り道、お知り合いの作家さんのアップルパイの情報からの流れで思わぬステンドグラスとの出会いがあってラッキーな旅になりました♪
感謝です!

e0230760_17184830.jpg


[PR]
# by gekkousou_stg | 2018-07-05 18:55 | 月光窓の日々 | Comments(0)

青森クラフトフェアA-line

青森クラフトフェアA-line無事行ってまいりました。

事前の天気予報では2日間とも雨の予報でしたが、初日に短時間ザーッと降っただけで後は晴れ間も出たりしておおむね良い天気でした。
天気に関しては初めから諦めモードだったんですが、きっとどなたか日頃の行いの良いお方がいたに違いない。感謝です!

雨が大したことがなかったのは良かったんですがそのかわりとっても蒸し暑い二日間でした。私はA-lineにはもう何度も出展させていただいているんですがこんなに蒸し暑かったのは初めてでした。台風の影響もあったのかな。

そんな蒸し暑い中、今年も多くの方にお越しいただきました。
おかげさまで毎年お越し下さるお客様も多くて、遠いけど今年も行ってよかったなぁと思っています。

お越しいただいた皆様どうもありがとうございました。

これで今年の前半のクラフトフェア出展は終了です。
暑い夏の間は少し休んで再スタートは10月からです。
とはいえそれまでの間にオーダー製作や9月の展示会に向けての作品作り、品薄になってきた在庫の補充など、おかげさまでやることはいっぱいあります。
暑いけど夏バテしないように頑張りまーす!(もうすでにバテ気味笑)

e0230760_17184897.jpg


e0230760_17184829.jpg

[PR]
# by gekkousou_stg | 2018-07-04 17:51 | イベント | Comments(0)

三条クラフトフェア

三条クラフトフェア、無事に行ってまいりました。

初出展だったのですがとてもたくさんの方にお越しいただいて感激しております。
昨年の長岡クラフトフェアに出展した時に見てくださったという方もお見えになったり、以前何度かお越しいただいていたお客様が偶然に見つけてくださったり、初出展ではありますが嬉しい再会があって楽しく2日間を過ごすことができました。

月光窓の作品を手にしていただいた皆様、これからの皆さまの生活の中でステンドグラスを楽しんでいただけたら幸せに思います。

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!
e0230760_14474007.jpg



e0230760_14474074.jpg
e0230760_14474058.jpg


[PR]
# by gekkousou_stg | 2018-06-22 14:49 | イベント | Comments(0)

グロージングのはなし

ガラスをカットして、バリをガリガリ削ったり、ガラスの端をちょっとだけ割取りたいときにグロージングというヤットコに似たような形の道具を使います。私はガリと呼んでいます。

私の使っているガリは私がステンドグラスを始めた頃、10年くらい前からずっと使い続けているので私の手には馴染んでいるし、特に不満もなく今まで愛用していました。

てすが、先日ステンドグラスの材料屋さんに仕入れに行ったときに新品のガリを見てみたら、私のガリと刃の形がずいぶん違う、というよりも私のは結構削れてすり減っているのじゃないだろうか?
と思ったので材料店で使用中のガリを試しに使わせてもらうと、

!!!なんだこの切やすさはぁぁっっ!!!

もちろんその場で購入して帰り、さっそく家で使ってみましたが、もう今までのものとは比べ物になならないほど使いやすい!

見比べてみても今まで使っていたものとは違いが歴然。

10年使うとこんなになるんだなあ。

青い柄のものが10年もののガリ、赤い柄のものが新しいガリ。
わかりますか、違いが。
e0230760_07282242.jpg




[PR]
# by gekkousou_stg | 2018-06-09 18:43 | 月光窓の日々 | Comments(0)

遠野

ポラーノまつり出展のため初めて訪れた岩手県。
せっかく岩手まで来たのだからどこかに寄って帰ろうと思い地図を見ているとそんなに離れていないところに遠野市がありました。
遠野といえば、大学生のころ遠野物語を読んで河童やら座敷童やらが登場する不思議な話が本当にあった話として伝わっているというのがとても興味深くていつか行ってみたいと思っていた所でした。

ということでポラーノまつりの翌日、遠野まで足を延ばしてきました。
朝から3時間ほどしか滞在できなかったけれど、河童がいたといわれているかっぱ淵
とか姨捨の場所だったというデンデラ野とかに行き、タイミングよく民話の語り部のお話を聞くことが出来たりして3時間にしては密度の濃い旅ができました。

遠野の地域のあちこちには伝承の場所が点在していて、遠野は物語が実際に生きている土地だなとか、生き生きとした物語だからこそ永く言い伝えられるのかとか、そんな物語を生き生きとしたまま伝えてきた人々はきっと心が豊かなんだろうなとかいろいろ感じた遠野の旅でした。

宮沢賢治とか遠野の民話とか、岩手県には物語を育む豊かな土壌があるんだなぁなどと感慨にふけったりして私も少し心豊かな気持ちになって岩手を後にしたのでした(笑)。

ありがとう岩手!
e0230760_17303277.jpg

e0230760_17302749.jpg
e0230760_17302126.jpg























デンデラ野とは60歳になった老人が捨てられた所だということだそうで、捨てられた老人は子に背負われて野に捨てられて、村ではもう亡きものとされる。日中は田に出て作業を手伝うけれど夕方になったら家ではなく野に戻る生活をしながら死が来るのを待ったのだそうだ。
実際にその場にたって辺りを見渡すと村があるところはそんなに遠くないし、ここに住む人はどんな気持ちだったのだろうかと考えてしまう。十分に働けなくなった老人は家族の迷惑にならないように生きながら死んだ者となって村を離れて静かに死を待つ。村の家族もいつかは自分もあちらに行くと思って暮らす。それでも日中は田畑で顔を合わせて一緒に過ごす。一緒にいるけれど生者と死者。夕になったら村に帰るものと野に帰るものに分かれる。そういう家族のあり様。
暮らしの中に死がはっきりと一つの位置占めている。
この世の中に死は共に存在している。

そんな風土だからこそ目に見えないものが感じられたり見えたりするんだろうな、その感性で見たらきっとかっぱだって座敷童だっていたに違いない。
などということが自然に思えるような空気を感じた遠野の旅でした。

もしかしたら、昔は日本中のどこでもこんな風だったのかもな。


e0230760_23464693.jpg

[PR]
# by gekkousou_stg | 2018-06-06 08:10 | 月光窓の日々 | Comments(0)


ステンドグラス月光窓の日々のこと。


by ステンドグラス月光窓

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
イベント
月光窓の仕事
月光窓の日々
月光窓のサイト
未分類

リンク

月光窓のサイト
http://gekkousou.wixsite.com/gekkousou

月光窓 お問い合わせ
gekkousou.stg@gmail.com

ガラス作家丹羽聡子さん
cubic_garden

外部リンク

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。