<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

はなももの鏡

製作中だったはなももの鏡が完成しました。
e0230760_23535161.jpg
ガラスのピースがとても細かいので作っている間は出来上がりがどんな風になるのかほんと分からなかったんですが、大体イメージ通りいい感じにできたと思います♪

春らしい華やかな雰囲気の鏡です。
はなもも以外の所は全部鏡になっているので、とても明るい印象になりました。

私の住むあたりでは季節は今まさにサクラが咲き始めて、木蓮、菜の花、ユキヤナギなど春真っ盛り!百花繚乱の季節になってきました。
草木もどんどん芽吹いてきて野山の色がぱーっと明るくなって気分も上がりますねー。(笑)




[PR]
by gekkousou_stg | 2016-03-30 00:23 | 月光窓の仕事 | Comments(0)

山口アーツ&クラフツ

啓蟄もとっくに過ぎてまもなく春分です。
だんだん暖かくなってきて、晴れた日にはどこか外へ出かけたくなるようないい陽気が多くなってきましたね。
月光窓も冬眠から目覚めて暖かくなった大地へと這いだす季節がやってきました。
今年も始まります、クラフトフェアのシーズンです!

ここ数年はいつもここから始まります。

e0230760_23161598.jpg
いきなりの遠出!
イベントのない冬場はあまり遠くへ出かけることもなく家にいることが多いので、この季節になると、

あーどこか遠くへ行きたいな~。

という気持ちがだんだん強くなってきます。(笑)
楽しみだなあ!

只今、今年の新作を試作中。アーツ&クラフツまでにはまにあわせて持っていきたい!

[PR]
by gekkousou_stg | 2016-03-17 23:40 | イベント | Comments(0)

築窯その2

ちょうど去年の今頃作りかけていて、そのままになっていたフュージングの窯

常に頭の片隅にはあったんですがとうとう1年もほったらかしにしてしまった・・。
今年こそ何とかしなければ!また忙しくならないうちにやってしまおう!
と思いつつもはや3月も半ば。
いい加減やらなきゃ一生できないぞー!

ということでとうとう作業再開です。

去年は、材料を仕入れてフレームを組んだ所までやりかけていました。
1年ぶりにフレームを出してみるとうっすらサビが浮いている(笑)。
あーあ。

今日の作業は、窯の本体であるファイバーボードの切り出しです。
ファイバーボードとはグラスファイバーでできた板のことで、これをのこぎりで切るのですが切れば当然切りくずが出ます。
今まで私はグラスファイバーには何度もカユイ思いをさせられてきましたが、今回も例にもれずカユイ思いをさせられました(笑)。

そんなカユイ思いをしながら何とか切り出し終了。
e0230760_17095514.jpg
フレームにはめて見ると…、お♪
だんだん窯らしくなってきた
少しずつではあるけれどこうして作業の進展が目の見えて分かるとモチベーションも上がります(笑)。
この調子で最後までガンバロー!

あー、カユイカユイ‥






[PR]
by gekkousou_stg | 2016-03-15 09:51 | 月光窓の日々 | Comments(0)

アンティークパネル

イギリスなどでは昔建物にステンドグラスを入れるのが流行ったそうで、今はそんな建物が老朽化して取り壊される際パネルを取り外してアンティーク品として流通しています。

日本にも輸入されてアンティークショップなどで売られています。
それもけっこうな数出回っていて、そんな様子を見ているとステンドグラスってヨーロッパでは本当にポピュラーなものなんだなーと思います。まあ発祥の地だから当然と言えば当然なんでしょうが。
そういうものが日本にもどんどん入って来ていて、こっちでもステンドグラスがだんだん浸透してきているなとか思ったり、
もっともっと浸透してもっとポピュラーになっていったらいいな♪とか思ったりしています。

時々月光窓はそんなアンティークパネルの補修リフォームを依頼されることがあります。
今回は岐阜市のアンティークショップ、チェルシーオールドさんからのご紹介で、パネルを設置場所にあわせてサイズを大きくしてほしいとのご依頼を頂きました。

e0230760_01005852.jpg
アンティークパネルは作られてから長い年月が経っているし置かれた環境によってもかなり程度に差があります。
私も色々見たことがありますがこれはだいぶ状態がよいものでした。きっと室内の安定した環境にあったものでしょう。
とはいえ木枠もしっかりした状態で固定されていて、まずこれを外すところからひとつひとつ慎重な作業でした。
なにしろ代わりはありませんから。

ご依頼は、横幅を広げてほしいとの事。そのデザインもお客さまとのやり取りをしながら決定します。

木枠を外した後パネル本体の枠も外して両サイドにガラスを継ぎ足して新しい枠に納めて無事作業終了。
e0230760_23315352.jpg
アンティークパネルで使われているガラスは今では同じものは手に入りませんのでなるべく似たようなものを探したりあえて違うものを使って表情に変化をつけたり、これもお客さまとのやり取りで決めていきます。そして今回は最終的にこの様なデザインになりました。
元のパネルの地がクリアーのノーマルガラスなので延長しても違和感ないですね、すっきりした明るい印象のパネルです。

アンティークパネル復活!
昔イギリスで生まれたステンドグラスがいま日本にやって来て、ここからさらに何十年と日本のお部屋を彩ります。
ロマンですねぇ。






[PR]
by gekkousou_stg | 2016-03-13 17:03 | 月光窓の仕事 | Comments(0)


ステンドグラス月光窓の日々のこと。


by ステンドグラス月光窓

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
イベント
月光窓の仕事
月光窓の日々
月光窓のサイト
未分類

リンク

月光窓のサイト
http://gekkousou.wixsite.com/gekkousou

月光窓 お問い合わせ
gekkousou.stg@gmail.com

ガラス作家丹羽聡子さん
cubic_garden

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。